パパとコドモの成長日記

家族4人暮らしのパパ目線で、子育て・家事・共働き夫婦の生活スタイルを色々な視点で書いてます。

子育てについて真剣に考えるようになったきっかけとは?

夏の空が好きです

今日も元気におーはようございまーす!

朝の某テレビ番組の天の声みたいな挨拶になってしまいました(笑)

 

夏の晴れた日に空を見上げるのが好きなんです。

春の爽やかさとも秋の哀愁とも冬の澄んだ空とも違う夏独特の強めの太陽と

どの季節よりも濃い目に見える青!そして夏といえば入道雲

夏の空を見るだけで心が晴れやかな気持ちになります。

 

 

 

f:id:potetama33:20180712222759j:plain

 

皆さんは夏のどんなところが好きですか?

 

いやむしろ夏は嫌いっていう方もいますよね…とにかく暑いし、ジメジメしてるし、汗止まらないし、電車臭いし、セミうるさいし、蚊に刺されるし、日焼け痛いし、熱中症んになるし、街頭に死ぬほど虫集まっくるし、、、

 

まるで夏嫌いのように書いてますがそんなことないですよ…一部自分の意見もあいてますが(笑)

蚊に刺されはだれにも負けません^^;

ほんとそれだけは夏のダメポイントです。。。

 

子育てを意識するようになったきっかけは?

こんなブログを書いてるんだから最初から子育ても家事の事もしっかりと考えて協力してやってきたんでしょ!と思われるかもしれませんが、そんなことは全然なくて最初はなにも考えてないというか、意識なんて全くしてませんでした。

 

子どもが生まれた時はもちろん感動はしましたが、その時点で子育てを真剣に考えてたかというとそうでもなくて、あまり実感していなかったというか、家族が一人増えました!程度の軽い気持ちでした。

 

子どもが生まれて退院してからママはしばらく子どもと二人で実家に住んでいたので余計実感がわかないどころか、一人暮らしが始まってつかの間の一人暮らしラッキーぐらいの感じでいました。自分のことながら最低だったなと呆れてしまいます^^;

家に帰ってきてからもママはまだ仕事に復帰していなかったので特に変わらずで、お風呂入れたりオムツかえたりゴミ出しするぐらいしかしていなかったですし、ちゃんと家事も育児も手伝ってる!と勘違い野郎を爆発させてたわけですね。

 

そして子どもが1歳3ヶ月くらいの頃からママが仕事に復帰することになります。

職業柄カレンダー通りの休みではなかったので必然的に私が仕事の休みの日は子どもと二人で過ごすことになるんです。

 

ここがターニングポイント

 

休日に子どもと2人で過ごすということは、そうですママが何をやっていたかを体感して知ることになるんです。朝ママを仕事へ送り出してから怒涛の時間が始まりました。

 

ご飯を食べさせる

オムツを定期的に変える

一緒に遊ぶ

昼寝をさせる

泣いたら抱っこしてあやす

洗濯をする

買い物に行く

おやつを上げる

夕飯を作る

 

いきなり慣れない育児と家事のフルコースを堪能することになり、はじめてママのやっていたことがいかに大変だったかを実感しハッと気づかされます。

ここから家事と育児を意識するようになり協力してやらなければダメだという考え方に変わっていったんですね。

これはパパが楽してるっていう話ではないです。

 

でもたまたま3連休にママが仕事の時があって3日間子どもと2人で過ごしたのですが、その時は気が狂いそうになりましたし、仕事してる方がマシとさえ思ったくらいです(笑)

何が一番ストレスになったかというと、やらなきゃいけない事ややりたいと思ったことが自分のやりたいタイミングでできないストレスが最初の頃は一番キツかったです。

トイレに行くことさえも自分のタイミングでは行けなません。トイレに言った瞬間に泣きだすので全ての行動がバタつきます(笑)

 

私はこの経験をしたからこそパパの家事育児協力を推進していきますし、仕事と育児の両立もパパにもちゃんと理解してもらいたいと思ってます。

 

このブログで伝えられることなんて、一部しかないですし偏った意見も多くなってしまうと思います。ただ一つのきっかけになってくれればいいなと思います。

くだらない内容も多々書いていくと思いますがお許しください。。。 

 

家族みんなが笑顔で過ごせますように!それだけを祈りながら今後もこのブログを更新していきたいと思います^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

笑う門には福来る☆