パパとコドモの成長日記

家族4人暮らしのパパ目線で、子育て・家事・共働き夫婦の生活スタイルを色々な視点で書いてます。

子どもと出かける時のマナーについて考える②、外食編

マナーマナーと言うけれど

今日も元気におはようございます!

 

昨日は曇り気味だったことも幸いして、暑さが少し落ち着きましたね。

それでも暑いですが、外を出歩くには良い日だったのではないでしょうか。

 

子連れでお出かけをすると、何かとマナーについて言われる事が多いですよね。

 

何故マナーについて取り上げられてしまうのでしょうか。

それは、やはり一部のマナーの悪い方がいるとそこばかりが目立って取り上げられてしまいます。そうすると、世間的には子連れのマナーをしっかりしろとなる訳ですね。

 

優良な企業でも、一つ間違いでそれまでの信頼を大きく失ってしまい、それを回復するのは大変な事です。

少したとえが違うかもしれませんが、マイナスのイメージの力は強いんですよね。

悪い情報というのは先行してしまい、すぐ広まります。

 

子連れでのお出かけは大変な事も多いと思いますが、理不尽な批判に負けないようにしましょうね!

 

あなたの応援が元気の源です!

 にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 四人暮らしへ

子どもに注意しない親の考えとは?

時々、目撃しては何とも言えない感情になることがあります。

 

ファミレス等の外食先で、子どもが騒いだり走ったりの自由奔放、親はたまに注意はするのですが、基本的には会話に夢中になっておりあまり気にしていない様子。

テレビでもたまにこういった話題の再現VTRが放送されていますが、実際にある事だと思います。

 

理由を聞くと、子どもにはのびのびと育ってほしいから叱らないんだそうです。

これは「のびのび」ではないく「自分勝手」に育ってしまいます。

 

何をしても叱られない、注意されない子どもはどうなってしまうのでしょうか。

何をしても許されてしまうので、やってイイこととイケない事の区別もつかないままになってしまい、悪影響しかなくなってしまいますよね。

 

子育ては全て育てている親の責任です。

そこまで神経を研ぎ澄ます必要はないと思いますが、時々立ち止まって子育てを振り返ってみましょう。

f:id:potetama33:20180726125220p:plain

 

外食先でのマナーとは?

では、外食先で気をつけなくてはいけない事とはなんでしょうか。

 

①子どもと一緒に行っても問題ない場所かどうかを見極める。

外食する時はどこに行くかも重要なポイントです。

 

・子連れでも対応してくれるか

→子連れNGなお店もあるので予め調べおきましょう。

 

・子どもの食べられる料理があるか

→香辛料の多く使用しているような、多国籍料理店等は注意が必要です。

 食べれるものがないとぐずる原因にもなってしまいます。

 

・子どもでも座れるような作りになっているか

→小さいお子さんのいる場合はカウンターだけのお店は当然避けなければいけません。

できればお座敷や掘りごたつがあるお店かソファーや子ども椅子を準備してくれるようなお店を選ぶようにしましょう。

 

居酒屋はNGか?

私の個人的な意見ですが、居酒屋を利用する事は問題ないと思っています。

お店の形態にもよりますが、昔ながらの大衆居酒屋は注意が必要です。

基本的にそういうお店は喫煙が自由な所が多いので、子連れで行くのにはあまりおすすめできません。

子どもが成人になって一緒に呑めるようになったら行きましょう^^

 

居酒屋は賑やかな場合が多いので、多少子どもが騒いでも大丈夫というメリットもあります。

 

でもパパ・ママがお酒に飲まれないように注意しましょう。

 

②子どもが飽きないように、お店に長時間滞在は避けましょう

外食先だとついつい話し込んでしまったり、ゆっくり食事を楽しみたいのも分かりますが、子どもにとって同じところにずっと座っているのはストレスになってしまいます。

しっかりと食事をとって、ある程度の時間で切り上げるようにしましょう。

 

③周りの事を考えて動きましょう

これは子連れに限りらずですけど、自分の事だけを考えるのではなく周りの事も考えて動いてくださいね。

 

赤ちゃんがくずって泣き出してしまったら。赤ちゃんは泣くのが仕事ですがお店で泣かせっぱなしにするのは良くありません。

席を立ったり、一旦お店の外に出るなどして落ち着かせてあげてください。

 

子どもにはダメな事はダメとしっかりと教えてあげてください。

お店で落ち着かない状態になることはよくあることです。

もしも周りの人に迷惑な事をしてしまったら、感情的に起こらずしっかり何故ダメなのかを教えてあげましょう。

子どもは大人が当たり前だと思っていても、最初はそれれさえも知りませんからね。

 

外食を有効活用しましょう

外食は、炊事を楽にするための有効な手段です。

しかし、子どもが外食先での環境になじめずに家で食事をするよりも逆に大変!ということもあるかもしれませんね。

 

そういう場合は外食ではなく、今はデリバリーも充実してますからそういったものを活用してみてくださいね。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

笑う門には福来る☆