パパとコドモの成長日記

家族4人暮らしのパパ目線で、子育て・家事・共働き夫婦の生活スタイルを色々な視点で書いてます。

人は自ら命の灯を消す為に生まれてきた訳ではない

人の命は有限です。

 

それは生まれた瞬間から決められた人としての宿命。

 

自分がいつ死ぬかなんて誰も分からないし、自分にも分かりません。

 

ましてや死ぬ事を目標にしている人なんてない、、、と信じたい。

 

今回は少し重いお話です。

もしよろしければ、お付き合いください。

 

人の人生は簡単に終わってしまうのか

先週私の身内に不幸があり、お葬式に参列してきました。

 

辛く悲しいお別れでした。

 

悔しいお別れでした。

 

死因は「自殺」。。。

 

鬱病を患っている中で起きてしまったそうです。

 

年に1~2回ぐらいしか会ってはいませんでしたが、会うと常に明るく元気な人でした。

f:id:potetama33:20181114125803j:plain

社会に殺されたのか?

何故鬱病になってしまったのか、その要因は詳しくは知りません。

 

仕事なのか

 

家庭なのか

 

人間関係なのか

 

何かの歯車が狂ってしまったのでしょう。

 

日本で年間自殺している人数は3万人近いそうです。

1日80人が自ら命を絶っていることになります。

 

働き過ぎ

ストレス社会

 

これが反映されてしまっているのでしょうか。。。

 

身近な所から守ろう

仕事やお金は大切だけど、、、

生きていく上で、仕事やお金はもちろん大切だと思います。

 

ただそれが全てではないという事。

 

仕事に心身を削られて、病気で倒れてしまっては何のために生きているのか分からなくなってしまいます。

 

辛かったら逃げろ!

「甘い考え方」と言われるかもしれません。

「こんなことを容認してたら社会が回らなくなる」なんて言われるかもしれません。

 

でも、、、

 

死ぬよりはマシ。

 

死んだら本当に全部終わっちゃいます。 

 

本当に辛かったら、躊躇しないでください!

「逃げろ!」

 

一度きりの人生をどう生きるか

明日地球に隕石が追突するかもしれない

地震が起きるかもしれない

不治の病にかかるかもしれない

交通事故に巻き込まれるかもしれない

 

誰に何がいつ起こるかなんて分かりません。

まぁこんな事、常に考えてたらまともに暮らせませんけどね。

 

自分の人生は自分だけのものです。

 

守るべき家族がいる、

やるべき仕事がある、

 

これも大切。

 

一番大切にするのはまず自分自身です。

自分を大切に出来ない人が周りを思いやる事なんてできません。

 

ちょっとだけ立ち止まって自分の生き方を見つめ直してみませんか。

 

私にとって辛い出来事でしたが、自分を見つめ直すきっかけをくれたんだと思っています。

 

今の生活はスグには変えられないけど、仕事や家族、そして自分自身に対する考え方が変化しました。

 

自分も含めたみんなの「笑顔」を守る事。

まずはここからスタートです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

笑う門には福来る☆