パパとコドモの成長日記

家族4人暮らしのパパ目線で、子育て・家事・共働き夫婦の生活スタイルを色々な視点で書いてます。

家事を自動化してストレスを軽減しよう

家事で楽しちゃダメですか?

専業主婦(主夫)のかたや共働き等、生活スタイルは様々だと思いますが、どんな生活スタイルにしても「家事」は必ずこなしていかなくてはいけません。

 

もしも家事が自動化出来たら、それは願ってもない出来事だと思いませんか?

家事からの解放は時間の確保やストレスの軽減にもつながると思います。

 

ただ「楽をする」という言葉はあまりイイ意味で捉えられることが少ないですよね。

「楽して儲ける」とか「楽な仕事をする」ちょっと嫌なイメージで使われがちです。

 

ですが家事に関しては堂々と「楽」してイイと思います。

きっとその先には今よりも豊かな生活が待っているに違いないですからね。

 

皆さんの応援が元気の源です!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ

 

最初に言っておかなければいけないのですが、今回お金については全く考えてません。

「金に糸目はつけないぜ」状態です(笑)

f:id:potetama33:20180817124423p:plain

家事の自動化とは?

家事を自動化するとは、その名の通りロボットや機械が自動で家事をやってくれるようにする事ですね。

家事はどこまで自動化できるのでしょうか。

 

前にも書きましたが、家事や育児には程よい「手抜き」が大切です。

でも手抜きを一切しなクオリティーで「自動化」できたらイイと思いませんか?

 

家事自動化の為にはどうすればいい?自動化に必要な6大家電

家事自動化には必要不可欠なのが、家事を代わりにこなしてくれる家電です。

おなじみのモノから最新家電まで少しご紹介したいと思います。

 

①乾燥機付き全自動洗濯機

これはおなじみですよね。乾燥機なら洗濯物を干す手間もなくなるので。

干すが自動化できますね。

 

②ロボット掃除機

これもかなりメジャーな商品になってきましたね。

価格も手頃なモノも出てきました。

毎日の掃除機のって意外と大変です、子供の食べかす等で一日で汚れるんですよね。

なので毎日寝ている間にロボットに掃除してもらいましょう。

 

③床拭きロボット

最近は床拭きロボットも登場しています。

掃除機で取りきれなかったホコリや汚れをさっぱりキレイにしてもらいましょう。

 

④窓ふきロボット

内側の窓ふきは簡単ですが、外側となると中々掃除できないですよね。

窓ふきロボットだったら隅々までキレイにしてくれそうです。

種類によっては窓の内側と外側を同時に掃除してくれる窓ふきロボットもあるようです。

⑤洗濯物たたみ機

こちら、前にもご紹介したのですが、今年発売予定の最新家電です。

なんと洗って乾いた洗濯物を入れるだけで、洗濯物をたたんでくれて服の種類等に仕分けてくれちゃうんです。

ただ価格が185万円~だそうで、お高めです^^;

でも洗濯物をたたむ時間を手に入れるとしたら検討の余地はありそうですよね。

laundroid.sevendreamers.com

 

⑥食器洗い乾燥機

こちらもかなりメジャーな家電ですね。

ただ意外とあっても使っていない人が多いようです。

せっかくあるなら活用していきましょう。食器洗いは洗剤を使うので、手が荒れてしまう事もありますよね。食洗機の活用で、手荒れの防止にもつながると思います。

家事の自動化がもたらしてくれる3つの事

①ストレスの軽減

日々の家事そして育児に追われているママ、パパは多いと思います。

 
もし家事の時間が大幅に短縮されるとしたら、時間に追われるというストレスから多少なりとも解放されると思います。
 
②自由時間の確保

子育てが始まると、子育ての合間に家事をこなし、ほとんど自分の時間が取れないのが多くの人が抱える悩みです。

もし子育ての合間に自分の時間を確保できたら、前項のストレスの軽減にも繋がりますし、趣味に時間を使ったりすることも出来る様になると思います。

時間に余裕が生まれると、気持ちにも余裕があるので、子育ての質も変わってくるのではないでしょうか。

 

③家族コミュニケーションを取る時間が増える

家事はが自動化すると、家族で過ごす時間も必然的に増えますよね。

平日の夜はゆっくり夫婦で話す時間もない、休日もこなさなければいけない家事があるから思ったよりもゆっくりできないなんてことも良くあると思います。

それも家事がなければ、家族でお出かけに使える時間も増えますし、ゆっくり話せる時間も増えると思います。

 

いかがだったでしょうか、全てを取り入れるのは難しいかもしれませんが、

家事の自動化を検討することは、今後無駄になることはないと思いますので、じっくり検討してみてください。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

笑う門には福来る☆