パパとコドモの成長日記

家族4人暮らしのパパ目線で、子育て・家事・共働き夫婦の生活スタイルを色々な視点で書いてます。

ホテルケーニヒスクローネ神戸の最大の魅力とは?

引き続き神戸出張で宿泊したホテルの記事です。

 

前回はホテルの外観から部屋の中、アメニティ等をご紹介しました。

www.potetama.com

 

ご覧になった方は分かると思いますが、マスコットキャラクターのくまポチくんが至る所に使われていて、まるで「おとぎ話」の世界に入ったような感覚になってしまいます。

 

さて、そんなメルヘンなこのホテルですが、魅力的なのはお部屋だけではございません。

 

ケーニヒスクローネ神戸の朝食は最高

ポイントはこのホテルは〇〇〇が造ったホテル

そうです!このホテル最大の魅力は「朝食」なんです。

正確には「朝食バイキング」になります。

 

皆さん、このホテルを造ったのは何だったか覚えていますか?

洋菓子店ですよ!大事な事なので2回言います「洋菓子店が作ったホテル」です!

 

それだけでちょっとワクワクしません?w

f:id:potetama33:20181123004628j:plain

朝食に行く前の心構え

朝食は朝7時~9時までとなっています。

このホテルに泊まったら一旦自分の中から消さなければ行けない言葉が一つあります。

 

それは「ダイエット」です!

「ダイエット中だから朝はフルーツとヨーグルトだけ」なんてのん気に朝食会場に向かったら後悔し、あきらめるでしょう。

 

そして心の中でこう叫ぶんです。。。

 

「今日はダイエット中止!」

 

食べ過ぎ注意!でも食べ過ぎちゃうw

では早速朝食会場へ行ってみます。

ちょっと写真がブレたりしてますがご容赦ください。

 

まず目に入るのが10数種類のパン達です。

f:id:potetama33:20181123001810j:plain

サックサクのクロワッサンからもっちもちのよもぎパン、チョコブリオッシュにメロンパン、もうこの時点で食欲のリミッターオフですw

 

パンを通り過ぎてお隣のショーケースに目をやると、ローストビーフのサラダやヨーグルトが入っていて、そのお隣はこんな感じになっています。

ちょっとブレてますが、プチケーキ・ゼリー・パフェがこれでもかとお出迎えしてくれます。

f:id:potetama33:20181123002207j:plain

朝から私たちを挑発し過ぎています。

そして食べたいものを正直にチョイスしたらこうなりました。

f:id:potetama33:20181123002518j:plain

な、なんてインスタ映え感ゼロの色味^^;

良く言えば秋っぽいw

 

今回のチョイスしたのは、チーズケーキ・モンブランコーヒーゼリー(白玉あんこ入り)です。どれも甘さも丁度良く美味しかったです!

これだけでカロリーどんだけ取ってるだろう。。。

 

飲み物も充実してますよ!

f:id:potetama33:20181123002850j:plain

もちろんこの他にもコーヒー・紅茶・お茶もあります!

 

まだまだあります!なんとその場でオムレツを焼いてくれるんです!

焼いている前のテーブルには生ハムや合鴨スモーク等も置いてあり、ここまでくるともう選べませんw

f:id:potetama33:20181123003004j:plain

 

いろいろ迷った結果、私が食べた今回の朝食はこちらです!

f:id:potetama33:20181123003333j:plain

焼いてもらったオムレツはトロットでした^^

 

真ん中にあるのがビーフシチューこれまたお肉が柔らかくて美味しい!

パンにも相性ばっちりです!

 

手前がローストビーフのサラダ、すりおろしニンジンドレッシングかけました。

 

あ、プラス先ほどのケーキとヨーグルトも食べました(食べ過ぎw)

 

食後のコーヒーにはこんな可愛らしいカップを使いました。

くまポチくんカップです。

f:id:potetama33:20181123003740j:plain

実はこの他にも、、、

 

ご飯

みそ汁

カレー

シフォンケーキ

食パン(数種類のジャム)

フルーツ

ミネストローネ

etc...

 

とてもじゃないけど食べきれませんw

 

外観もお部屋もメルヘンで可愛らしくて言うことなしなのですが、この朝食を一度食べてしまったらもう虜になる事間違いなしです!

 

ホテルケーニヒスクローネ神戸は超おすすめです!

 

ちなみに来月開催される神戸ルミナリエも歩いてスグですよ^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

笑う門には福来る☆