パパとコドモの成長日記

家族4人暮らしのパパ目線で、子育て・家事・共働き夫婦の生活スタイルを色々な視点で書いてます。

子育て真面目にやるのやーめた!これぞ育児放棄?ではない

長男が4歳なので子育ては5年目に突入しています。

 

子育ては大変大変って良く聞きますが「こんなに大変なんて聞いてねーぞ!」と言いたくなることもしばしばw

 

色々考えた結果、真面目に子育てするのをやめてみようと思います。。。

 

子供を育てる事に囚われるのをやめる

育児放棄じゃないです

子育てを真面目にやらないと言っても、対して生活スタイルは変わりません

ましてや育児をするのをやめるわけでもありません。

 

「真面目にやらない」と聞くと、「親失格だ!」「子供が可哀そう」なんて声も聞こえてきそうですよね。

 

子供を見捨てるわけでもなければ、

親を辞めるわけでもないし、

離婚するわけでもないです。

f:id:potetama33:20181102192203j:plain

 

子育て感覚を見直す

子供を育てるのは親として当然の義務である。

 

もちろん承知しております。

親としての責任はきっちり果たしていくつもりです。

 

でも子育てをしているという感覚は無くしていきます

 

意味わからないですよね。。。

 

互いを成長させる家族

これは感覚の問題です。

親子ではなく互いを成長させる家族として接していく。

 

これは意識の問題です。

我が子に何かを教える時も、自分にも正しいのかを問う。

 

親なんて完璧じゃない

子供は親を見て成長する。

子供は親の真似をして言葉や動きを覚える。

 

私は知らない事もたくさんあるし、

考えてる事も正しいとは限りません

世間とズレている部分もあるでしょう、

間違った知識もたくさんインプットされていると思います。


そんな私を親として見て成長していく子供がいる。

 

少しゾッとしました。

 

私自身の成長を止めてはいけないと危機感を感じました。

 

成長する事を真面目に考える

子育てだけに集中し、子供成長を中心に考えるのではなく

 

親も子供も、家族みんなの成長を真面目に考えていく事にしました。

 

こんな事を子供に伝えても理解できないでしょう。

いや誰に行っても理解されないかもしれませんけどw

 

全ては家族の幸せと笑顔、そして自分の幸せの為に。。。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

笑う門には福来る☆