パパとコドモの成長日記

家族4人暮らしのパパ目線で、子育て・家事・共働き夫婦の生活スタイルを色々な視点で書いてます。

子供と過ごす夏、キャンプのすすめ

キャンプに行こう!

我が家では毎年夏にキャンプに行くのがここ数年の恒例行事となっています。

今年は長男の手足口病の影響で、日数は少なめになりましたが、それでも満足してくれたようです!

 

先日の記事では地元のイベントに参加する事をおすすめしましたが、キャンプも子供にとって楽しめるだけでなく、この体験が子供を成長させてくれる貴重な機会となる事間違いなしです!

 

あなたの応援が元気の源です!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ

アウトドア派?インドア派?

正直言って、キャンプは万人向けかと言われると、そうではないのかなとは思います。「アウトドア派」「インドア派」とう言葉があるぐらいですから、苦手な方も多いのではないかと思います。

 

・テントで寝るなんて、絶対無理。

・虫がいる所には絶対行きたくない。

・キャンプグッズ揃えるの大変そう。

 

理由は色々あると思いますが、無理をしてまでする必要はないと思います。

インドア派の方でももしやってみようかなと思っているなら、是非おすすめしたいと思います!

f:id:potetama33:20180812013742p:plain

キャンプも色々

THE キャンプ

キャンプというとキャンプ場にテントやタープを張って、火を起こして、お肉や野菜を焼いたり、飯盒でご飯を炊いて、カレーを作って食べたりと、これが昔ながらのキャンプの王道という感じでしょうか。

 

場所

キャンプの場所と言えば、やっぱり山がメインですよね、川沿いでBBQをやり、川で遊んだりして、テントやコテージに宿泊というスタイル。

山は自然に囲まれていて、川のせせらぎも気持ちよく、都会に比べて涼しく過ごしやすいですよね。

 

ただ、虫が多いのが自然の中なのでどうしても避けることが出来ません。

夜にライトを照らしていると確実に虫が集まってきますよね。

 

我が家が夏に行くキャンプは海岸のキャンプ場です。

海岸一帯がキャンプ場になっており、砂浜にテントやタープを張って過ごします。

もちろん海水浴もできますので、海が好きな方にはもってこいですね!

 

山のキャンプに比べて、圧倒的に虫が少ないです。全くいないわけではないですが、普段の生活で出会う虫よりも少ないぐらいなので、虫嫌いの人にはおすすめです!

デメリットとしては、昼間は山と違って暑いです。

海岸なので日差しをよける要素は何一つありませんので、タープ等の準備は必須になります。

 

準備

キャンプはどうしても、テント・タープ等のキャンプグッズからBBQグッズまで色々と揃えるこがハードルが高いと思われがちですよね。

 

でも、実は手ぶらで行けちゃうキャンプ場は調べると結構あるんです。

キャンプが初めての方にはそちらの方が入り口としては馴染みやすいかもしれませんね。

 

ただ通常のキャンプに比べて、それなりにお金はかかります。

キャンプは一度グッズをそろえると、そこそこ格安で旅行が楽しめちゃうのもメリットの一つなので、どんなキャンプにするかは皆さんで楽しみながら決めてみてくださいね!

キャンプが子供に与える影響

①家族とのコミュニケーションの時間がとれる

キャンプは、食事を作る時も食べる時も、遊ぶ時も、寝る時も、ぼーっとしてる時間も常に一緒に過ごします。

 

家族の距離が必然的に近くなるんですよね。

そして会話をする時間も増え、普段できないような会話もできたりするかもしれませんよね。

 

家族の「絆」を深めることが出来る大切な場所になるのではないでしょうか。

 

②協調性が養われる

キャンプは、寝る場所から食事をするまでを全て自分たちで作らなければいけません。

 

・テントをたてて寝る場所を作る。

・タープをたてて日差しから守る場所を作る。

・火を起こしてBBQや料理を作れる環境を整える。

・肉や野菜を焼いたり、焼きそばを作ったりと、毎食作る。

・後片付けをする。

 

やる事は盛り沢山なんです。そこを子供と一緒に協力しながらやっていく事によて協調性が養われていきます。

自分がやった方が早いと思ってしまうでしょうが、少しでも子供に役割を与えてあげてくださいね!

 

③好奇心や考える力がアップする

キャンプにはテレビもゲームもありません。

遊ぶには自然を活用するしかないんですよね。子供は頭をフルにして色んな遊びを考え夢中になり、また考え、きっと思いもよらない発想を生み出してくれることもあるかもしれません。

 

子供にとって、キャンプで体験するすべてが刺激的だと思います。

しかも、行く度に毎回新たな発見をできるのがキャンプの醍醐味です!

 

是非、お子さんには自然と触れ合う時間を作ってあげてください!

水は遊びは要注意

キャンプには水遊びがつきものだと思いますが、思わぬ危険を招く恐れもありますので、くれぐれも水遊びには気をつけください。

 

要は子供から絶対に目を離さないでくださいという事です。

 

よろしければこちらの記事も読んでみてください。

www.potetama.com

親子で楽しい時間を過ごしましょう

いかがだったでしょうか、協調性がとか家族の絆がとか色々と書いてしましましたが、そんなことを細かく考えながらやる必要はありません。

 

家族と笑顔で過ごした時間が、きっと子供を成長させてくれるんだと思います。

 

キャンプは夏だけではなく、やろうと思えば一年中出来ますので、もし機会があれば家族で行ってみてくださいね!

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

笑う門には福来る☆